東京生まれ。
八王子にて緑溢れる山々と奇麗な夕焼けに囲まれ少年時代を過ごす。
14才の時に叔父がくれたエレキギターがきっかけでギターを弾き始める。

2001年にロックバンド・FAIRY FOREのギタリストとしてメジャーデビュー。
2003年のバンド脱退後は、様々なアーティストのサポート活動や、自身がボーカルギターを務めるバンド・NEVER LANDを結成。
2007年にNEVER LANDは解散。同年にDAIGO、SHINPEIらとともにBREAKERZを結成し、7月にアルバム「BREAKERZ」にてメジャーデビュー。
また同時期に活動を開始した、ロックバンド・Janne Da Arcのヴォーカリストyasu氏のソロプロジェクト、Acid Black Cherryのシークレットライブにサポートギタリストとして参加し、そのまま初期作品のレコーディングやMV撮影にも参加する。

BREAKERZは、デビュー2周年を迎えた2009年、初の日本武道館公演を開催。以降、4年連続で日本武道館での公演を成功させている。
その後もCDリリース・ライブツアーと精力的な活動を続け、2013年の全国ツアー終了後より、BREAKERZとしての活動を一時休止し、各メンバーがソロ活動を開始する。

AKIHIDEは、同年6月にソロとして1枚目のアルバム「Amber」をリリース。
この作品では、全曲の作詞作曲をAKIHIDEが担当し、ボーカルも自らが担当した。アルバムを携えて開催された初のソロツアーは、全国6都市8公演全てのチケットが即日完売となった。
立て続けに、同年10月には2枚目のアルバム「Lapis Lazuli」をリリース。前作「Amber」でのロックサウンドとは打って変わって、アコースティックギターをメインにしたインスト作品に仕上がっている。この作品を引っさげて自身初のジャズクラブでのツアーを開催。ジャズクラブでの公演は「Premium Night Show」と称して、以降も定期的に開催している。
また、2014年より「Being Guitar Summit」にも参加。増崎孝司(DIMENSION,B.B.クィーンズ)、五味孝氏(T-BOLAN, electro53)、柴崎浩(ex.WANDS, abingdon boys school)といったギタリスト達との共演を経て、活動や表現の幅をさらに広げる。

2015年5月にBREAKERZは再始動シングル「WE GO」をリリース。リリース日には代々木公園野外ステージにてフリーライブを開催。

ソロ活動はバンドの活動と並行して行われ、AKIHIDEは以降も、“雨”をテーマにピアノサウンドをフィーチャーした3rd AL「RAIN STORY」(※M2.RAIN MANは、TVアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマに採用)、ウサギのキャラクターが旅する物語を、様々な楽器の音色とイラストで表現した4th AL「月と星のキャラバン」、“和”をテーマにガットギターをメインにしたインスト作品である5th AL「ふるさと」と、ソロ活動開始からわずか3年の間に、計5枚のアルバムを発表。ソロ作品の発表を経て、よりジャズやアコースティックサウンドに傾倒するようになり、それはギタープレイの面でも色濃く反映されるようになった。

2017年から2018年にかけては、「SEASON LIVE」と称し、“春夏秋冬”の四季それぞれをテーマに掲げたライブを開催。一年をかけて全4回開催されたこの四季の旅は、ソロ活動を始めてから5年目となる2018年、これまでの創作表現のひとつの集大成となる6th AL「機械仕掛けの遊園地 -Electric Wonderland-」のリリースへと繋がる。この作品では12曲の収録曲と併せて、120Pにも及ぶ絵本が同梱。お化けロボット“フィーリー”の旅する物語が描かれたこの絵本は、作画・ストーリーの全てをAKIHIDEが担当。ストーリーはおよそ3万字にも及ぶ、CD作品のブックレットという枠を超えた大作となった。

また、音楽活動の傍ら、イラストや言葉といった様々な表現での制作活動も行なっており、自身が作画したFlashアニメーションを中心に構成されたオンライン絵本コンテンツ、「MOON SIDE THEATER」を開設。2012年には初の絵本「ある日 ココロが欠けました」を出版した。その後も書籍第二弾となる絵本「Life Book」や、初の“音絵本”というジャンルで、「-つきのふね-」を発売。PCソフト・Illustratorを使用した影絵風のイラストで展開される様々なキャラクター達はAKIHIDEのイラスト表現を象徴するひとつである。